プログラミング教育の必修化はいつから?|必要とされる考え方とは

小学校

スポンサーリンク

・そもそもプログラミングって・・?
・必修になるけど、どんな授業になるんだろう・・。

とっち
2020年度より小学校でプログラミングが必修となりますが、このような疑問を持っている方も多いのではないでしょうか?
そこで、今回はそんな疑問を解決できるよう、 普段プログラミングに関わっていない方でもわかっていただけるような記事とさせていただきました。



本記事の内容

・プログラミング教育必修化とは?

・なぜ小学校でプログラミング教育が始まるのか

・実際にどんな授業が行われるのか




プログラミング教育の必修化はいつから?:そもそもプログラミングとは 



まず初めに 「プログラミング」とは一体なんなのか、についてです。

コンピュータのプログラミング(英: programming)とは、コンピュータプログラムを作成することにより、人間の意図した処理を行うようにコンピュータに指示を与える行為である。

Wikipedia「プログラミング」

プログラミングだとなかなか聞き馴染みが無い方もいると思うので「プログラム」という言葉で説明いたします。

運動会や演奏会等で「本日のプログラム」などしおりをもらうと思いますのでそれをイメージしてください。


そこで実行委員の方が何を伝えようとしているかというと、本日の「予定、段取り、順序」です。


考え方はそれと同じでコンピュータにどんな「予定・段取り・順序」を覚えさせて行動してもらうか自分が指示する。
それがITでのプログラムです。


運動会や演奏会ではしおりに日本語で書かれていますがコンピュータと人間では言葉が異なります。

そのためコンピュータが理解できる言葉で予定や段取りを教えてあげる必要があります。


それが「プログラミング言語」と言われるものです。

ポイント

・プログラミングとはコンピュータに行動してほしい段取りや順序を入れ込むこと。

・その入れ込む言葉をプログラミング言語という。

 




プログラミング教育の必修化はいつから?:なぜ必修となるのか


次になぜ2020年度で小学校の教育カリキュラムにプログラミングが必修となってくるのか、ご紹介します。


まずは文部科学省から出ている公文をごらんください。

誰にとっても、職業生活をはじめ、学校での学習や生涯学習、家庭生活や余暇生活など、あらゆる活動において、 コンピュータなどの情報機器やサービスとそれによってもたらされる情報とを適切に選択・活用して問題を解決していくことが不可欠な社会が到来しつつあります。 コンピュータをより適切、効果的に活用していくためには、その仕組みを知ることが重要です。
(中略)プログラミングの能力を開花させ、創造力を発揮して、起業する若者や特許を取得する子供も現れています。子供が秘めている可能性を発掘し、将来の社会で活躍できるきっかけとなることも期待できるのです。

小学校プログラミング教育の手引(第二版)  

ポイントをまとめましたのでごらんください!


✔ポイント

・これからはコンピュータを使って情報を取捨選択し、問題を解決することが必要

・そのためには幼いうちから物事の仕組みを知ることが重要

・その他にもプログラミング教育によって様々な分野で活躍することが期待される

 




以上のように情報の扱い方が目的のひとつとなりますが、他にもプログラミング教育の目的・狙いがあるため続いてご紹介いたします。



スポンサーリンク

プログラミング教育の必修化はいつから?:情報活用能力とは

問題解決のための情報の取捨選択以外にも「情報活用能力」を育むことも目的としております。

情報活用能力とは下の3つを構成要素としています。

構成要素

・プログラミング的思考

・知識及び技能

・学びに向かう力、人間性等

 


それぞれ説明します。

プログラミング的思考


プログラミング的思考とは自分の目的を達成するためには、どのような動きや組み合わせが必要なのか。


それを論理的に考えていくことです。


知識及び技能 

知識及び技能とは何か問題を解決する際にはやみくもになんでもやるのではなく、何事にもベストな手順があることを理解することを指します。


学びに向かう力、人間性等  

学びに向かう力・人間性等とは コンピュータの働きをより良い人生や社会のために活かしていこうといった考えや姿勢を持つことです。




以上の3点を合わせて情報活用能力としています。

これらのスキルを高めていくことがこれから求められていきます。



プログラミング教育の必修化はいつから?授業の進め方

プログラミング教育での授業の進め方


続いて実際にどのように授業へプログラミングが組み込まれていくのかについてご紹介いたします。

文部科学省「小学校プログラミング教育に関する研修教材」によると「コンピュータで正三角形をかく場合」をひとつの例としています。

先ほどご紹介したように、プログラミングとは段取りや順序をコンピュータへ入れ込んで指示することです。

それを当てはめて正三角形を作図していきます。


具体的な指示の内容としては「長さが〇進む」「右(左)に〇度曲がる」「〇回繰り返す」 等です。


これらの指示の組み合わせ、回数を考え作図を進めていくこと(プログラミング思考)を目的としています。

手書きで正三角形を書くときに何気なくしている動作をひとつひとつ分解して、コンピュータへ指示していく。





プログラミング教育の必修化はいつから?:まとめ

まとめ


本記事では小学校のプログラミング必修についてご紹介いたしました。

重要なことはプログラミングスキルの向上ではなく、あくまでも論理的な思考を高めていくことです。


これからAIをはじめとした技術革新が更に進んでいくなかで、ものごとを記憶するだけではなく、その記憶の組み合わせが大切です。

そしてそのように組み合わせるためにはひとつひとつの記憶(引き出し)を十分に理解しなければならないため、小学校の段階で必修になります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です