模試で大切な偏差値の計算方法について

中学校

スポンサーリンク

・志望大学にそれぞれ偏差値があるけど、これっていったいなに?
・点数と偏差値の関係がわからないや・・。

とっち
入試において偏差値はとても重要な指標になるため、 偏差値について理解いただける記事を書かせていただきました。



本記事の内容

・偏差値とはなんなのか

・偏差値の計算方法



模試で大切な偏差値の計算方法について:偏差値とは

偏差値を一言で表すと、「あなたの立ち位置」です。

平均点を偏差値50とし、その基準から自分がどの位置にいるか把握する数字となっています。

例えば数学80点、英語60点の得点だった子がいたとします。

点数のみで考えると数学の方が高いですが、もし仮に平均点が数学85点、英語が50点とすると、偏差値は英語の方が高くなります。

このように自分の実力を相対的に表すことができるので、「立ち位置」が把握できます。



模試で大切な偏差値の計算方法について偏差値の計算方法

続いて、偏差値の計算方法です。

模試等で偏差値は出てきますので自分で計算することはあまりないかもしれませんが、ご参考にしてください。



標準偏差とは

ここで「標準偏差」について説明いたします。

標準偏差は「ばらつき」を表す値です。

平均点が50点だとしても、0点と100点等極端な点数に人が集まっているのか50点に人が多いのかでは、同じ平均点でも意味合いが変わってきます。


それを表す値です。

参考として、下記の式をご覧ください。


実際にこの式を使うことはないと思いますが、偏差値というものを理解する上で頭の片隅に置いていただければと思います。

平均点に多くの人が集まっていると、1点に対する偏差値の振り幅が大きいのに対し、受験者の点数にばらつきがある場合には1点に対する偏差値の振り幅が小さくなります。

例として下記グラフをご覧ください。

✔計算条件

・受験者数100人

・平均点50点

・得点が70点 だった場合

 

①受験者の点数にばらつきがある場合(平均的に分布している場合)

受験者のレベルがまちまちで、どの得点にも同じくらい人がいる場合です。

スポンサーリンク


標準偏差:仮に35とした場合

偏差値 :55.6

特徴  :1点に対する偏差値の振り幅⇒小



②受験者の点数が二極化している場合

高い点数 / 低い点数にの2箇所に集中している場合です。


標準偏差:仮に20とした場合

偏差値 :60.0

特徴  :1点に対する偏差値の振り幅⇒やや小

 

③ほぼ正規分布の場合

平均点を取っている人が多く、緩やかに他の点数を取っている人がいる場合です。


標準偏差:仮に15とした場合

偏差値 :63.3


特徴  :1点に対する偏差値の振り幅⇒やや大

④すべての点数に同じくらい人がいる場合

分布の山がなだらかな場合です。


標準偏差:仮に10とした場合

偏差値 :70.0


特徴  :1点に対する偏差値の振り幅⇒大


以上のように、平均点が同じでも受験者の点数分布(ばらつき)によって偏差値が変わってきます。


実際に得点分布の資料が配布されるのかはわかりませんが、知識として持っていて損はないと思います!


✔ポイント

・偏差値とは自分の立ち位置を表す指標

・平均点が同じでも、受験者の点数分布(ばらつき)によって偏差値は左右される

 



模試で大切な偏差値の計算方法について:注意点

続いて偏差値を計算する際の注意点です。

それはどのテスト(模試)を基にして計算された偏差値なのか?ということです。

受験者のレベルが低ければ自分の偏差値が高めに出やすくなりますし、逆にレベルの高い模試の場合は高い偏差値を出すことは難しくなります。

そのため、志望校の偏差値を見る際は、必ず基準の確認をしてください!




模試で大切な偏差値の計算方法について:まとめ

この記事では偏差値の計算について紹介させていただきました。

なかなか思うように偏差値が上がらない、そんな悩みをお持ちの方も多いと思います。

偏差値を上げるにはやはり、継続して時間を費やし勉強し続けるしか答えはなです

個人的な考えですが、偏差値が足りないことを理由に志望校のレベルを下げることはおすすめできません。

一度そうすると、どんどん楽な方(偏差値の低い学校)へシフトしていってしまう恐れがあるからです。



「絶対に受かる」この気持が何よりも重要です。

なので模試の結果に一喜一憂し過ぎず継続努力することがなにより大切です。