中学生の英語には洋楽が効果的!?その理由をご説明いたします。

中学校

スポンサーリンク

中学生になって英語の授業が始まった!せっかくだから得意教科にしたい!
英単語が頭に入ってこなくてチンプンカンプンだ・・。
とっち
普段日本語で生活している僕たちにとって英語を覚えることは大変ですよね。。
そんなわけで今回は中学生の英語と洋楽についてご紹介します
本記事はこんなあなたにオススメ!

✔とにかく英語が苦手だ

✔リスニング力をUPしたい!

✔音楽を聴くのが好き

 

本記事の内容

✔英語を上達したければ積極的に洋楽を聴こう!

✔英語を勉強するためにオススメの曲のご紹介

 

 

なぜ中学生の英語には洋楽が効果的なのか

中学生にはなぜ洋楽がオススメなのか

下記メリットがあるので洋楽を聴くことが効果的と言えます。


・反復演習しやすい

・慣用句を覚えられる
 
・耳が英語に慣れていく
 
・曲を聴くことで音としても記憶できる

中学生の英語には洋楽が効果的な理由①:反復演習しやすい

「洋楽を聴く」という行為自体は電車での移動中や通学中などのスキマ時間でも可能です。

そのため手軽に復習を行えるという点で反復演習を行いやすいです。

英語は特に覚えることが多く、何度も繰り返し復習することで記憶に残りやすくなりますが、この手軽さによって単語の意味やイントネーションが少しずつ頭に染み込んでいきます!


とっち
気が付かないうちに、いつの間にか反復演習になっています!




中学生の英語には洋楽が効果的な理由②:慣用句を覚えられる  

数が多く覚えるのが大変な慣用句を勉強するのにうってつけです!
 
)アナと雪の女王より『Let it go』
"Let+(名詞)+(動詞)"の並びで「◯◯に〜をさせる」という意味。

"Let it go"で人生をそのまま行かせる (ありのままに生きる)という訳になります!
 
 
他にも洋楽には慣用句がいろいろと散りばめられているので意識しながら聞いてみると面白いです!
 


中学生の英語には洋楽が効果的な理由③:耳が英語に慣れていく

幼少期を海外で過ごしている方や幼稚園・小学校から英語を使う環境でない場合は中学校で初めて勉強をします。
 
「apple」や「iphone」という単語なら色々な場面で聞いたり話したりするので耳が慣れていますが、一般的な中学生は英単語に耳が慣れていない状態が普通です。
 
そんなアレルギー的な状態を克服するために洋楽を聴くことはとても有効です!


とっち
洋楽を聴いて体に英語を慣らすことでアレルギーを無くしていきましょう!



中学生の英語には洋楽が効果的な理由④:「音」として記憶できる

人間は視覚だけではなく他の五感を使うことで記憶に定着しやすくなります!
 
歌を覚えられるのも、ただ単に歌詞カードを見ているだけだと大変ですがメロディがあるから可能なんです。
 
音が記憶に繋がっている例だと、クリスマスに流れてくる竹内まりやさんの曲を聴くとケンタッキーのあのCMが思い浮かびますよね。


とっち
聴覚を使った記憶はとても頭に残りやすいです!




 中学生の英語に効果的なオススメの洋楽

どんな洋楽がオススメか


続いてオススメの洋楽をご紹介いたします。

選択した基準としてはこちらです。


・テンポがゆっくり

・発音になまりがない

繰り返し聴くことが苦にならない


一曲ずつご紹介いたします!



オススメの洋楽①:Let It Be (The Beatles (ビートルズ))

まずはビートルズの「Let It Be」をご紹介いたします。


歌詞
When I find myself in times of trouble Mother Mary comes to me Speaking words of wisdom,
“Let it be.”
And in my hour of darkness She is standing right in front of me Speaking words of wisdom,
Let it be.
Let it be.
Let it be.
Let it be.
Whisper words of wisdom: Let it be.
And when the broken hearted people Living in the world agree,
There will be an answer: Let it be.
For though they may be parted there is Still a chance that they will see
There will be an answer: Let it be.
Let it be.
Let it be.
Let it be.
Let it be.
There will be an answer: Let it be.
And when the night is cloudy,
There is still a light that shines on me,
Shine on until tomorrow, Let it be.
I wake up to the sound of music Mother Mary comes to me Speaking words of wisdom,
“Let it be.” Let it be. Let it be. Let it be. Let it be.
There will be an answer: Let it be. Let it be. Let it be. Let it be.
Let it be. Whisper words of wisdom: Let it be.



この曲をオススメする理由はこれです


✔テンポがゆっくり


✔誰しも聴いたことがある曲


✔とにかく歌詞がわかりやすい
 



テンポがゆっくりで単語もわかりやすいので、あまり洋楽を聴いたことがない人でも聴きやすい曲です。


テレビやラジオで流れることも多いので「Let It Be〜♪」と口ずさんだことがある人もいるのでは!?


この曲に限らず他にもビートルズはテンポがゆっくりで聴き取りやすい単語を使っている曲が多いので、ぜひ他の曲も聴いてみましょう!



テンポがゆっくり

普段聞き慣れない言葉ですので早口だとなかなか頭へ単語が行き着きません。

その点でLet It Beはとてもテンポがゆっくりなので曲に置き去りになることもありません。

とっち
一つ一つの単語がとても聴き取りやすいですね




発音に訛り(なまり)がない

日本語で方言や訛り(なまり)があるように英語でも訛り(なまり)というものが存在します。


歌ではそこまで気になることも少ないですが、発音の問題を見据えたときにはなるべく標準語からズレないほうが勉強になりますよね!


そこでこの曲は訛り(なまり)はあまり無いので素直に発音を真似してみるのも良いです。



スポンサーリンク

とにかく歌詞がわかりやすい

歌詞を見てみてもらうと分かりますが、このLet It Beはとても簡単な単語で構成されていて分かりやすい曲となっています。


新しく単語を覚えたい人には向かないかもしれませんが耳を慣れさせるにはもってこいの曲です。


この曲に限らずビートルズの曲は簡単な単語で構成されているので、他の曲もチェックしてみましょう!


とっち
入門編としてはビートルズは良さそう




オススメの洋楽②:What Makes You Beautiful(One Direction) 

続いてOne Direction(ワンダイレクション)の曲でWhat Makes You Beautifulです。


歌詞
You’re insecure
Don’t know what for
You’re turning heads when you walk through the door
Don’t need make-up, to cover up
Being the way that you are is enough
Everyone else in the room can see it
Everyone else but you
Baby you light up my world like nobody else
The way that you flip your hair gets me overwhelmed
But when you smile at the ground it ain’t hard to tell
You don’t know, oh oh
You don’t know you’re beautiful
If only you saw what I can see
You’ll understand why I want you so desperately
Right now I’m looking at you and I can’t believe
You don’t know, oh oh
You don’t know you’re beautiful, oh oh
That’s what makes you beautiful
So come on, you got it wrong
To prove I’m right, I put it in a song
I don’t know why, you’re being shy
And turn away when I look into your eye eye eyes
Everyone else in the room can see it
Everyone else but you
Baby you light up my world like nobody else
The way that you flip your hair gets me overwhelmed
But when you smile at the ground it ain’t hard to tell
You don’t know, oh oh
You don’t know you’re beautiful
If only you saw what I can see
You’ll understand why I want you so desperately
Right now I’m looking at you and I can’t believe
You don’t know, oh oh
You don’t know you’re beautiful, oh oh
That’s what makes you beautiful
Baby you light up my world like nobody else
The way that you flip your hair gets me overwhelmed
But when you smile at the ground it ain’t hard to tell
You don’t know, oh oh
You don’t know you’re beautiful
Baby you light up my world like nobody else
The way that you flip your hair gets me overwhelmed
But when you smile at the ground it ain’t hard to tell
You don’t know, oh oh
You don’t know you’re beautiful
If only you saw what I can see
You’ll understand why I want you so desperately
Right now I’m looking at you and I can’t believe
You don’t know, oh oh
You don’t know you’re beautiful, oh oh
You don’t know you’re beautiful, oh oh
That’s what makes you beautiful

この曲を選んだ理由としてはこちら


✔「like」の意味を学べる

✔「see」の使い方を学べる

✔重要構文「What makes + 〇〇〜」を覚えられる

「like」の意味を学べる

まずはじめに頻出語句である「like」の使い方を学ぶことができます。

「like」というと「〜が好き」という意味がすぐ浮かぶと思いますが、使い方はそれだけではございません。


例えばこの曲では「Baby you light up my world like nobody else」の文中で遣われていますがこの場合は「〜のような」という意味で用いられています。

直訳すると「他の誰も出来ないように君は僕の世界を明るくしてくれる」となります。


とっち
長文読解のときも、これは「好き」なのか「〜ような」という意味で使われているのかを意識してみてみましょう!




「see」の使い方を学べる

「see」という単語を聞くと「〜を見る」という意味として使われることが多いです。

ですが実は他にも意味があります。

その中でこの曲では「〜を理解する」というニュアンスで使われています。

「Everyone else in the room can see it.」

訳すと「部屋にいるみんながそのことを分かっている」となります。

他にも「OK! I see !!」
「りょうかい!わかったよ!!」といったように使われたりします。

重要構文「What makes + 〇〇〜」を覚えられる

「What makes + 〇〇〜」とは「なぜ〜するのか」という意味です。


✔ポイント

make + [人] + [動詞の原形] :[人] に[動詞の原形]させる



これを基に考えてみると「What makes you beautiful」は

「何があなたを美しくさせるの?」と訳すことができます。


この構文 make + [人] + [動詞の原形] はとても重要なのでこの曲を聴いてぜひ覚えましょう!


とっち
他にも色々な構文が隠れていそうなのでじっくりと歌詞を見てみるとよりGoodですね




オススメの洋楽③:Yesterday Once More(CARPENTERS)

最後におすすめする曲はカーペンターズのYesterday Once Moreです!

歌詞
When I was young 
I’d listen to the radio Waitin’ for my favorite songs
When they played I’d sing along It made me smile
Those were such happy times 
And not so long ago How I wondered where they’d gone
But they’re back again 
Just like a long lost friend All the songs I loved so well
Every Sha-la-la-la 
Every Wo-o-wo-o Still shines
Every shing-a-ling-a-ling at they’re startin’ to sing So fine
When they get to the part 
Where he’s breakin’ her heart
It can really make me cry 
Just like before It’s yesterday once more
Lookin’ back on how it was In years gone by And the good times that I had Makes today seem rather sad So much has changed
It was songs of love that I would sing to then And I’d memorize each word Those old melodies Still sound so good to me As they melt the years away
Every Sha-la-la-la 
Every Wo-o-wo-o Still shines
Every shing-a-ling-a-ling at they’re startin’ to sing So fine
All my best memories Come back clearly to me
Some can even make me cry 
Just like before
It’s yesterday once more
Every Sha-la-la-la 
Every Wo-o-wo-o Still shines
Every shing-a-ling-a-ling at they’re startin’ to sing So fine
All my best memories 
Come back clearly to me Some can even make me cry 
Just like before It’s yesterday once more It’s yesterday once more

この曲のオススメな点はこちらです。


✔と〜ってもゆっくりなテンポ

✔重要な構文が多く使われている

と〜ってもゆっくりなテンポ

上に動画リンクがあるのでまずは聴いてもらいたいですが、この曲は本当にスローテンポです!!


なのでひとつひとつの単語がとても聴き取りやすく、もしかしたら聴きながら頭の中で日本語訳をできてしまうかもしれません。


単語も中学生で習うもので網羅できると思いますので、初級編としてはこの曲ももってこいです。



重要な構文が多く使われている

「I would 〜 」の構文

「I’d listen to the radio」
これを訳すと「かつてラジオを聴いてた」となります。

✔ポイント

・I’d = I would の略
・I would 〜で「かつて〜していたものだ」



頻出構文なのでしっかりと覚えましょう!



 
「Just like before」の意味

曲の途中でちょこちょこ「Just like before」という文が出てきます。


これは「以前と同じように」という意味です。

長文読解などで頻繁に出てくる構文ですのでテストで出てきたら瞬発的に訳せるようになりましょう。


とっち
他にもありそうなので歌詞も要チェックしましょう




中学生の英語には洋楽が効果的!? まとめ

中学生には洋楽がおすすめなまとめ

この記事では中学生をメインに向けて洋楽を聴くことで英語の学習になるということをご紹介いたしました。



ですが中学生だけでなく高校生はもちろん、小学生でも効果のある勉強法のためぜひ積極的に洋楽を聴いてみましょう!