勉強に最も集中できる時間帯とは

勉強法

スポンサーリンク


定期テストや受験勉強の時期には学校以外で勉強する機会も多いですよね。

ですが勉強以外にも部活やバイトの時間もあると思うので、スキマ時間を探すのも大変だと思います。

できるだけ集中できる時間に勉強したいけどそれっていつなんだろう・・。


とっち
今回は勉強に集中しやすい「時間帯」についてのご紹介をしたいと思います


朝の方がペンが進む人 / 夜中の方が頭が冴えているように感じる人、いろいろなひとがいると思います。


結論から申し上げるとおすすめの生活スタイルは朝型です。


なぜそうなのか、ご説明いたします。

本記事の内容
・朝型のメリット

・夜型のデメリット

・おすすめの勉強スタイル



朝型の勉強スタイルによるメリット



まず初めに朝型の生活リズムで勉強するメリットをご紹介します。

✔メリット
①頭がスッキリした状態で机に向かうことができる

②本番に頭が働く状態で臨める

③健康に良い



上記3点が大きなメリットです。

それぞれご紹介いたします!

①頭がスッキリした状態で机に向かうことができる

ひとは寝ることによって頭の中を記憶を整理すると言われています

 
なので朝は前日の勉強を整理した直後のゴールデンタイムとなり、集中力 / 記憶力も増します。
 


また、朝早いと周りも静かですので邪魔するものが少ない環境で机に向かうことがきます。


②本番に頭が働く状態で臨める


定期テストや試験など、本番の時間はだいたいが朝から夕方です。


その時間に自分のパフォーマンスを発揮させるためには普段からその時間に頭を働かせて、日中に頭を使うことに慣れておく必要があります。

③健康に良い

朝早くから行動することで適切な時間に食事を摂ることができます。


夜中の変な時間に夜食を食べることもないので太りにくいです。


また、夜遅く起きているよりもポジティブに物事を考えることができるので
精神的な健康にも良いです。

夜型の勉強スタイルによるデメリット


続いて夜型でのデメリットです。

スポンサーリンク

✔デメリット
①記憶に残りにくい

②朝~夕方にかけて100%の力を発揮できない

③生活リズムが崩れる(健康に悪い)


①:記憶に残りにくい


夜中まで勉強し、翌日学校に行くことを考えたら必ず睡眠時間は減ってしまいます。

なぜそれが「記憶に残りづらい」ことにつながるのかというと人は寝ているときに
頭の中を整理し記憶を定着するメカニズムだからです。


夜中まで勉強し睡眠時間を減らすことによって、記憶を定着させる整理の時間が無くなってしまいます。


そうすると、夜遅くや明け方まで勉強しても

勉強した気になるだけで結果的に頭にはほとんど残っていない状態となります。

②:テスト(試験)当日に100%の力を発揮できない


夜中に勉強する生活を続けていくと、どうしても朝~夕方よりも夜中~明け方に
ペンを握ることに慣れていきます。

ですが実際のテストや試験が行われるのは夜中ではなく、朝~夕方にかけてですよね。

その時間のズレによって何が起きるかというと、集中力が発揮されて頭が冴える、
つまり自分の100%の力を発揮できるタイミングがテスト本番のときではなく、夜中になってしまうという点です。

実際に頭の引き出しに入っているのに、その引き出しから答えを出すという作業ができにくくなってしまう恐れがあります。


それではいい結果を得られませんよね。

③:生活リズムが崩れる(健康に悪い)

これは想像しやすいのではないでしょうか。

遅くまで起きていることで、免疫力が低下します。

そのため大事な時期に風邪をひいたりインフルエンザになったりと、
遅くまで頑張ったことで、それがアダとなります。


他にも、ついつい夜食を食べたりと肥満の原因にもなりかねないので
健康的にもデメリットが多いです。


こちらの記事でも紹介しましたが、夜型にはデメリットがたくさんあります。 

朝型にシフトチェンジする方法も載せているので夜型から抜け出したいひとはぜひご覧ください。

おすすめの勉強スタイル

個人的には朝型の生活リズムを強くオススメしますがそこにプラスし、

時間帯によって勉強する内容を変えることで更に効率よく学習できます。

 

(オススメの各勉強時間帯)

午前 :理数系

午後 :国語や英語の読解系

寝る前:英単語や社会系


まとめ

この記事では朝型の勉強スタイルのメリットをご紹介いたしました。


昔から「早起きは三文の徳」とも言われていますが現代でもその通りだと思います。

朝の時間を有効に使うことが積もり積もって他の受験生との差になってきますので、


この記事を読んだひとはぜひ早起きを心掛けてくれたらと思います。